株式会社一成の獣害対策・生物調査

商品ラインナップ

issei 株式会社一成 Engineering of Natural Environment and Urban Design

株式会社一成では、大学や都道府県等の研究機関と共にICT技術やセンサー等を用いた新たな捕獲器等の研究開発、販売を行っています。

タッチパネルで簡単操作。メールとWebでいつでもつながる。

  • [ WebAIゲートかぞえもんAir ] ICTによる一括管理
  • >
  • HOME

ICTによる一括管理

わなをICTでネットワーク化

センサーわなを情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用しネットワーク化することで、複数のわなの運用状況や捕獲状況を一元管理できます。
管理者の方は専用サイトにログインすることで、お持ちのすべてのかぞえもんAirの情報を一括管理できます。

わなから送られてくるGPS情報をもとに、管理されているかぞえもんAirの位置が地図上に表示されます。設置場所の確認や移設の確認等ができます。

複数のかぞえもんAirを管理する場合、「管理者」はお持ちの全てのかぞえもんAirの情報を閲覧できますが、「利用者」にはそれぞれのわな毎にIDが発行されるため、別のわなの情報は閲覧できません。そのため、利用者間の情報の保護も可能です。


メール配信

わなへの進入頭数や、餌付けの状況、捕獲の実施、バッテリー残量等を登録メンバーにメール配信。手軽に情報共有ができます。また、配信されるメールの内容は、サーバー上で設定が可能です。メール配信は、設定した監視終了時刻と、捕獲完了時に行われます。


リアルタイムにわなの情報を確認

管理者用のウェブ画面から、わなの位置情報や動物の進入時刻・退出時刻、捕獲状況等の詳細な情報をリアルタイムに確認できます。


稼働データをダウンロード

稼働データ 捕獲活動の履歴や、捕獲頭数等の記録を残すことができるので、捕獲活動の実績管理もサポートします。
かぞえもんAirから送られてきた様々な情報を、CSV形式(表形式データ)でダウンロードすることができます。動物の進入・退出時刻や位置情報、わなの稼働情報を蓄積することで、経験を共有し、地域の捕獲技術向上にも繋がります。捕獲結果(頭数・誘引時のエサ)も記録できるので実績の管理もサポートします。

捕獲スケジュールをみんなで相談

グラフ かぞえもんAirは、「確認モード」と「捕獲モード」の2種類のモードで運転をすることができます。確認モードは、群れの大きさや捕獲確率等の情報収集のみ行います。捕獲モードは、確認モードで得た情報をもとに最適な捕獲を実施します。よって、確認モードと捕獲モードを任意に切り替えることで計画的な捕獲を行うことができます。
みんなで集まりやすい日や、ジビエ施設の稼働状況等に合わせて捕獲を行うことが可能です。

WebAIゲートかぞえもんAirパンフレット PDF形式(1.25MB)
お見積りフォーム

※製品に柵は含みません。製品の仕様は写真と異なる場合があります。
野生動物を捕獲するには、法律等に従って狩猟免許や登録、捕獲許可などが必要になります。都道府県や市町村の担当部署に確認の上、ご使用ください。