株式会社 一成は、自然環境事業をトータルにサポートする総合コンサルタントです。

issei 株式会社一成 Engineering of Natural Environment and Urban Design

〒675-1217 兵庫県加古川市上荘町薬栗 27-2
TEL 079-428-0682 FAX 079-428-2427

利活用技術指導者育成研修事業TOP

利活用実践技術研修会

[ 開催趣旨 ]

 被害対策で捕獲した個体の処理技術、食肉ビジネスに取り組む上での運営等に関する必要な考え方、捕獲から解体処理、活用までの実践的技術、捕獲から販売流通までの計画立案に必要な応用力を身につける、自ら実践、立案できる人材を育成することを目的とした研修会です。            

[ 定員・対象者 ]

・定員0(各会場)

・地域おこし協力隊員、食肉処理事業者、都道府県・市町村担当職員、改良普及員 等

※上記以外の職種の方も参加できます。

 

[ 受講料 ]

無料
※会場までの旅費、宿泊費については、各自ご負担ください。

[ 開催スケジュール ] 

 1泊2日 1日目:13:0017:00 2日目: 9:0012:00

開催日時 開催場所 対象獣種
平成 30年 11月20~21日

北海道大学 アグリフードセンター

シカ
平成 30年 12月12~13日 和歌山県JAビル(和歌山市美園町5-1-1)
いの屋和歌山市藤田41-1)
イノシシ

[ カリキュラム内容 ] ※現在、調整中のため決定次第情報をアップします。

被害対策としての食肉等処理の基本的な考え方

捕獲から処理までに取り組む上で必要な計画、体制、運営コストの試算等、事業計画に関する基本的な考え方を学びます。

室内講義

HACCPおよび国産ジビエ認証制度のポイント

処理場の衛生管理に必要なHACCPおよび国産ジビエ認証を取得するために必要な手続き・取得のポイントを学びます。

室内講義

衛生的な解体処理技術

実際に捕獲した個体を用いて、剥皮、内臓摘出、枝肉までの作業を実践し、処理技術や労力や必要な施設設備、衛生管理に項目などを学びます。

現地実習

食肉以外の資源化処理技術

シカやイノシシの不可食部位を活用したペットフードや発酵処理による減容化など、食肉以外の処理方法を学びます。

室内講義

捕獲計画から食肉利活用までの計画立案(演習問題)

捕獲個体の処理およびビジネスとして取り組む指導者に必要な企画立案能力の向上を目的として、捕獲個体の処理計画および衛生管理に関する演習問題を配布し、解答、解説します。

作成実習

[ 申し込み方法 ]

下記のボタンから進み、フォームよりお申し込みください。フォームが使用できない場合は、氏名、所属、連絡先、研修会・会場名を記入の上、事務局宛てに送信してください。

申込み締切りは、開催日の1週間前とさせていただきます。 また、定員となりましたら申込みを締切させていただきます。(締切り後に参加希望の場合は、一度下記お問い合わせ先までご連絡ください)


[ 申込み・問合せ先 ]

運営事務局:株式会社 一成 環境事業部内 (担当:大山・迫田)
〒675-1217 加古川市上荘町薬栗27-2 
  Tel: 079-428-0682 FAX:079-428-2427  

E-MAIL:gibier_seminer2018○issei-eco.com(「○」を「@」に置き換えてください)

商品紹介 PRODUCTS

  • 無人でラクラク捕獲 AIゲートかぞえもん 獣害対策用野生動物捕獲システム
  • ヤマネの調査や環境教育に最適! 現場での作業効率UP! ヤマネのお宿